アルバイト雇用契約書

アルバイト雇用契約書

アルバイト雇用契約書

 

株式会社○○(以下、「使用者」という。)と、○○(以下、「労働者」という。)とは、使用者が労働者をアルバイトとして雇用するにあたり、次の通り労働契約を締結した。

 

第1条(就業場所と業務内容)
労働者の就業場所と業務内容は、次の通りとする。
@ 就業場所:○○県○○市○○町○番地 ○○屋○○店
A 業務内容:商品の陳列・販売など

 

第2条(就業時間等)
労働者の就業時間、勤務日等については、次の通りとする。ただし、業務上やむを得ない場合には、時間外及び休日勤務をさせることがある。
@ 始業時間:○時○分
A 終業時間:○時○分
B 休憩時間:○分間
C 勤務日 :毎週○〜○曜日

 

第3条(賃金)
使用者が労働者に対し支払う賃金は、次の通りとする。
@ 時間給 :○○円
A 交通費 :○○円(1日あたりの額)
B 支払方法:前月○日より当月○日までの分を当月○日に現金にて支払う。

 

第4条(就業規則の遵守)
労働者は、使用者の定める就業規則を遵守し、使用者の指示に従って誠実に業務を行わなければならない。

 

第5条(損害賠償)
労働者は、故意又は重大な過失により使用者又は第三者に損害を与えた場合には、その損害の賠償責任を負うものとする。

 

以上本契約の成立を証するため、本書2通を作成し、使用者及び労働者双方記名捺印のうえ各1通を保有する。

 

平成  年  月  日

 

使用者:所在地
社 名
代表者               印

 

労働者:住所
氏名                印

 

 

<以下各条項の注釈>

 

第1条(就業場所と業務内容)
労働者の就業場所と業務内容を記載する。

 

第2条(就業時間等)
労働者の就業期間及び時間、勤務日等を記載する。

 

第3条(賃金)
賃金・手当を記載する。なお、この例では時給制とし、支払方法は銀行振り込みとしてある。

 

第4条(就業規則の遵守)
就業規則遵守についての定め。

 

第5条(損害賠償)
損害賠償責任についての定め。

 

その他
個別の契約条件に合わせてその他必要な条項の追加・修正及び削除をすること。

 



当サイトは、司法書士・行政書士ながふち事務所が運営しております。