業務委託契約書

業務委託契約書

業務委託契約書(簡易版)

 

 ○○(委託者名) (以下、「甲」という)と、 ○○(受任者名)  (以下、「乙」という)とは、甲が○○を乙に委託するにあたって、次の通り契約を締結した。

 

第1条(目的)
甲は乙に対して、○○を委託し、乙はこれを受任する。

 

第2条(委託の範囲)
甲が乙に対して委託する業務(以下、「委託業務」という)の範囲は、次の通りとする。
@ ○○
A ○○

 

第3条(乙の義務)
1. 乙は、甲からの委託業務については、甲の指示に従って誠実に遂行するものとする。
2. 乙は、本契約に基づく権利・義務を甲の書面による承諾なしに第三者に譲渡・貸与・再委託等をすることはできない。

 

第4条(乙の報酬)
甲は乙に対し、委託業務の報酬として月額○○万円(税別)を当月末に支払うものとする。

 

第5条(費用)
乙が委託業務を遂行するにあたって要した費用に関しては、甲が負担するものとし、乙が請求した場合には、甲はこれを前払いするものとする。

 

第6条(契約の解除)
1. 甲及び乙は、都合により本契約を解除しようとする場合には、相手方に対して、当該解除予定日の○カ月前までに、書面にて通知するものとする。
2. 乙について、次の各号の一に該当する事由が生じたときは、甲は乙に対して何らの通知催告をすることなく直ちに本契約を解除することができる。
@ 本契約に違反し、または甲の指導を遵守しないとき
A 自ら振り出しまたは裏書きした手形または小切手が不渡りとなったとき
B 破産、民事再生等の申立てを自らなし、または第三者からこれらの申立てがなされたとき
C 差押、仮差押、仮処分等の強制執行を受けたとき
D 経営状態が悪化したとき、または悪化するおそれがあると認められるとき
E 公租公課の滞納処分を受けたとき
F 甲の信用または名誉を著しく損なう言動・行為をしたとき

 

第7条(損害賠償)
乙は、本契約に違反して甲に損害を与えた場合には、その損害を賠償するものとする。

 

第8条(秘密保持義務)
乙は、委託業務を遂行するにあたって知り得た甲の業務内容や営業秘密等について、
甲の事前の書面による承諾がない限り、第三者に漏洩してはならない。

 

第9条(契約の有効期間)
本契約の有効期間は、本契約締結の日から○年間とする。

 

第10条(契約の更新)
甲及び乙のいずれかから、本契約の期間満了の○ヵ月前までに、相手方に対して、本契約を解除する旨の通知がなされない場合には、本契約は期間満了の日から更に○年間延長されるものとし、以後も同様とする。

 

第11条(信義則)
甲及び乙は、本契約の解釈につき疑義が生じた場合、または本契約に定めのない事項が生じた場合には、お互いに誠実に協議してこれを解決するものとする。

 

本契約の成立を証するために、本書2通作成し、甲乙それぞれ1通を保有する。

 

平成  年  月  日

 

甲:住所 
氏名           印

 

乙:住所
氏名           印

 

<以下各条項の注釈>

 

第1条(目的)
委託する目的を記載する。

 

第2条(委託の範囲)
委託する業務の範囲を具体的に規定する。

 

第3条(乙の義務)
乙の義務について、個別の事情に合わせて必要な内容を規定する。

 

第4条(乙の報酬)
報酬について定める。ひな型の例は月額制としてある。

 

第5条(費用)
諸費用が発生する場合には、その取り扱いについて規定する。

 

第6条(契約の解除)
中途解約する場合の条件を取り決めておく。

 

第7条(損害賠償)
必要に応じて損害賠償に関する規定を置く。

 

第8条(秘密保持義務)
秘密保持義務に関する規定。

 

第9条(契約の有効期間)
契約の有効期間について定めておく。

 

第10条(契約の更新)
契約の期間満了の場合の更新条件について定めておく。

 

その他
個別の契約条件に合わせてその他必要な条項の追加・修正及び削除をすること。

 



当サイトは、司法書士・行政書士ながふち事務所が運営しております。